どえむ姫のブログ

女性がお腹を責められる動画や、妄想を集めたブログです。

作:ド素人さま⑯

和也は夏美の手足の縄を解いた。そして、ポケットから携帯電話を取り出し話始めた。
「すぐに夏美の体を拭いて、下着を取り替えてあげて。急いでね。」
『かしこまりました。』
部下の男二人がすぐに来た。1人は車椅子を押している。男の1人が夏美を車椅子に乗せると、
隣の部屋へと連れて行った。もう1人はおしぼりが山積みのカートを押して行った。
この部屋も拷問を受けていた部屋と同じような造りだ。部屋の中心に真っ白なベッドがある。
男達は夏美をベッドに寝かせると、パンツを脱がした。全裸状態である。
カートからおしぼりを取ると、男二人は夏美の両脇に立ち、腕から拭き始めた。
次に顔、胸、腹、股間、足の順で拭き、最後に体を起こし背中を拭いた。
ちょうど全身拭き終わった頃に和也が部屋に入って来た。
「拭き終った?」
「はい。終わりました。」
「じゃあ、新しい下着着けてあげて。急いでね。死んじゃうから。」
「かしこまりました。」
男達はすぐさま夏美に真新しい下着を着せた。白のパンツとブラジャーだ。
「とても似合ってる。やっぱり白じゃなきゃ。」
夏美は意識が無いらしい。しかし、さっきより顔色は悪くなっているようだ。
和也は夏美の腹と太股を優しく撫でた。
「拭いてもらったおかげスベスベになったね。久しぶりだなこの感じ。」
短い時間だが夏美の肌の感触を味わえたようだ。
「よし車椅子に乗せてあの部屋に連れて行こう。」
男達は夏美を再び車椅子に乗せると、この部屋を出た。
部屋を出ると左右に廊下が広がっている。右にはさっきまで拷問を受けていた部屋の扉がある。
左にも同じような扉が並んでいる。4人は左へ方向を変え、奥へと進んで行く。
四方が白い廊下は延々と続いている。これだけでも建物の大きさがよく分かる。
だが人は和也、夏美、男二人の4人しか見当たらない。音も歩く音が響くだけである。
彼らはようやく廊下の突き当たりに到着した。そこには大きめの扉がある。
男の1人がリモコンのような物を服から取り出し、ボタンを押した。
ガチャンと鍵が開く音がして、扉が静かに開いた。全員中へと入ってゆく。
中はコンクリートの壁と床で、広さは縦横10mはある。天井から蛍光灯で照らされているが、それでも薄暗い。 正面の壁には鉄製で縦横1mほどの正方形の蓋みたいなものが設置されている。
入り口の横にはこの部屋を観察出来るような巨大なガラスの窓がある。
「よし、じゃあ夏美を縛って。」
「はい。」
男二人は夏美を車椅子から降ろすと、床にうつ伏せに寝かせた。
ポケットから縄を出すと夏美の両手を後ろ手に縛った。
「足は縛んなくていいや。どうせろくに動けないだろうし。」
「分かりました。」
「よし、じゃあその蓋を開けてくれ。」
「はい。」
男二人は蓋の上部に付いている取っ手を掴み、蓋を持ち上げ外した。そのまま壁に立てかける。
「よし君らはもう戻っていいよ。用が済んだらまた呼ぶから。」
「かしこまりました。」
男達は部屋から出て行った。蓋の奥には穴があり、中は暗くて見えない。
「よしじゃあ僕も出るとするか。」
和也は部屋から出て扉を閉めた。そして、すぐ横にある部屋に入った。
ガラスの窓から夏美にいる部屋を観察できる。つまり観察室だろう。



http://mimizun.com/log/2ch/eroparo/1174024879/ より拾ってきました^^


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2013/04/13(土) 10:41:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<作:ド素人さま⑰ | ホーム | 作:ド素人さま⑮>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://senarosehowareyou.blog.fc2.com/tb.php/153-9b8c240a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

どえむ姫

Author:どえむ姫
規制が厳しい為に2013年2月10日、
アメブロから引越ししてきました^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (62)
you-tube (68)
ブログ (30)
はじめまして (1)
妄想たわごと (9)
妄想プレイ (79)
FC2動画 (5)
DUGA (5)

安全で安心なSMの出会い

FC2 アフィリエイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

フリーエリア

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA